Mac|PDFをJPEGにフリーソフトを使わず簡単変換【図解】

スポンサーリンク
Mac

Mac初心者の方やフリーソフトは怖いからあまり使いたくない方におすすめな簡単な方法です♪

まず、Macはデフォルトで「Automator(オートメーター)」という擬似的なアプリを簡単に作ることができるアプリが入ってます。作るというと難しそうなイメージかもしれませんが、下記の図解通りにスクリプトを組み合わせれば完成です。

一度作ってしまえば、あとはそのアプリにPDFをドラッグアンドドロップするだけでJPEGになります。Mac初心者の私でも簡単にできたので試してみてください。

Macに標準搭載「Automator(オートメーター)」とは

自動化したいワークフローを構築するソフトウェア。今回の場合はPDFをJPEGに変換するアプリを作るということになります。そのままですね。

自動化アプリの作り方

【1】「アプリケーションフォルダ」から「Automator」を起動させる。ロボットのアイコンです。

【2】左下の「新規書類」を選択

【3】「アプリケーション」を選択

【4】①アクション「pdf」を選択②「PDFページをイメージとしてレンダリング」を選択③右のスペースへドラック&ドロップ④フォーマット「JPEGイメージ」を選択

【5】①アクション「ファイルとフォルダ」選択②「Finder項目を移動」を選択 ③右のスペースへドラック&ドロップ ④保存先を指定

【6】①名前変更 ②保存先(場所)を選択 ③「Command + S」で保存

【7】完成!!保存先を確認

PDFをJPEGに変換

JPEGに変換したいPDFをアプリへドロップ

JPEGの完成!!保存先を確認

以上、これでPDFをJPEGに変換する自動化は解決ですね♪

「Automator(オートメーター)」では様々なワークフローが構築できるみたいなので、使いこなせたらかなり作業効率が上がりそうです。

コメント