ads.txtで認定販売者を宣言する!エックスサーバー設置方法【図解】

スポンサーリンク
WordPress

GoogleAdSenseを開いたらこんな表示が!!

要注意-ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

重大な影響⁈なになに⁈めっちゃこわい、、

正直、弱小ブログだから何か起きてもそんな影響ないんだけど笑 ただ警告がでっぱなしはこわいし、気持ち悪いので設定方法調べまくって修正しました。以下、私みたいな初心者でも分かるように、細かい説明は割愛して設定方法を簡単に図解でご紹介します。

ads.txt に関するガイド - AdSense ヘルプ
ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB Tech Lab によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテ

ちなみに当方はエックスサーバーを利用しているので、エックスサーバーでの設置方法になります。

スポンサーリンク

テキストファイルで「ads.txt」を作成する

情報をコピぺしてアップロードすればいいだけなので、意外と簡単にできます。

Googleアドセンスの「お客様のサイト運営者ID」を確認

「Google AdSense」> 「アカウント」 >「アカウント情報」> 「サイト運営者ID

[pub-] のあとの英数字がサイト運営者IDです。後ほどこのIDを使います。

テキストエディタを開く

メモ帳📝などテキストエディタを開く。

※私はWindowsの標準のメモ帳で作成しました。

ads.txtの内容を作成

開いたテキストエディタへ下記の内容をそのままコピペします。

google.com, pub-xxxxxxxxxxxx, DIRECT, f08c47fec0942fa0

この赤いxxxxxxxxxxxxのところを先ほど確認した「サイト運営者ID」に置き換えます。

※エラーの原因になるので、スペースや他の文字が入らないように注意しましょう。

ads.txtの保存

テキストエディタを保存します。この際、名前を「ads.txt」にします。

「ads.txt」をサーバーにアップロードする

冒頭でもお知らせしたとおり、エックスサーバーでの設置方法です。

インフォパネルでの操作

エックスサーバー インフォパネル にアクセス>ログイン

ご契約一覧のサーバーからファイル管理をクリック

ファイルマネージャーの操作

自分のドメイン名のフォルダをクリック

[public_html]というフォルダをクリック

ファイルのアップロード欄の[ファイルを選択]

先ほど保存しておいた[ads.txt]を選択>アップロード

[ads.txt]が確認できたら設置完了です。

設置確認方法

[ads.txt]をクローラーが確認できたら有効になり警告文が消えます。このクローラーが[ads.txt]を探せる状態になっているのかを確認する為、下記をURLに入力してみましょう。

ドメイン名/ads.txt

下記のように表示されればOKです。

まとめ

私は結構すぐに警告が消えましたが、1~2日くらいかかる場合もあるようです。設置は凄く簡単にできますので、Googleアドセンスを利用している方はサクっとやってしまうことをおすすめします。

コメント